Entries

極み

4月11日の娘。@千葉県文化会館昼公演を見てきました。

やー、もう本当の本当に凄くて・・・。何をどう言えばいいのかさっぱりですけど・・・。とりあえず髪型厨として言えるのは、さゆの髪型が良かった!特に、さゆの髪型は、前回東京厚生年金でライブを見た時に、さゆがツーテールだった事に対して、ライブ後の居酒屋でkawaiigaloopくんに「さゆのツーテール苦手なんだよね」と言ったところ「(文句ばっかり言いやがって)じゃあどの髪型が好きなんですか!」と問いつめられ、その時「これこれこういう髪型が好き!」と即答できずに非常に情けない思いをしたんですけど、いやー、今日の髪型は大すっき!です!きゅんきゅん!(でも、でこ出し肯定派の僕としては、さゆが昨日の大宮公演でセンター分けだったって話を終演後に聞いてすげー気になりましたけど・・・)。それからみっつぃーも良かった!みっつぃーのおでこがすげーかわゆかったです。

あとは、これも繰り返しになるけど、とにかくもう踊らされる。もうわけがわかんなくなる。右も左も前も後ろも上も下もわからなくなる。なるべく右や左の旦那さま達にはぶつからないようにしてるんだけど何がなんだかわからなくなる(左右で見てらした方、ごめんなさい)。わけがわからなくなってどうしようもなくなって、防衛本能が働いてはっと前の座席の背もたれをつかんだ瞬間に、ようやく自分が世界に固定される。自分がライブ会場にいるってことがようやくわかる。もうほんとうに訳が分からない。なんなんだいったい。

そんでもって。座席がいわゆる絵里ちゃんサイドだったこともあって、アンコール一発目、絵里ちゃんに負けないぞ、負けないぞ、と思ってがんばったんですが、いやもうさっぱり、巨像とアリ並みの差で負けました。たぶん、僕みたいな人間がいくら群れたって、巨像には勝てないと思う。

*****

そんでそんでそんで。最後のMCのときに。絵里ちゃんがこんな事を言っていた気がする。まぁはっきり言って朦朧としていたし記憶力もボンクラなので言葉は正確ではないし願望や捏造もあるかもしれないけど、僕なりに解釈したところおおむね大意はこんなような事言っていた。

「客席のみんなの声援だとか、応援だとか、一生懸命踊ってくださる姿だとか、そういうものが伝わってくるたびに、パフォーマンスで返したいから、私もどんどんあがってきて、キレキレになっていくけど、ある地点から、どう表現したらいいか、どうすればいいか、わからなくなってきて、体を動かす事の限界と言うか、自分ができる事の限界?みたいなものを感じて、あーどうしたらいいの私?」

言葉は120%僕の創作だけど、こんなようなことを言っていた(言おうとしていた)気がする。絵里ちゃんが感じるジレンマ。それを、ネガティブな雰囲気は一切なく、いわゆるガキカメ的なふんわりとゆるやかな絵里ちゃん口調で、でも慎重に、言葉を選びながら、とりとめもなく話していた。

そして、MCでそんなことを唐突に話し始める絵里ちゃんに、他のメンバーはきょとんとしていたんだけど、愛ちゃんだけが、すかさず「それって xxxxみたいなこと?」と声をかけていた(なんて言ったかは聞き取れませんでした・・・)。これがまた僕には衝撃的だった。こういうときにあんまり口を挟まない(イメージがある)愛ちゃんが、口を挟んだ。「歌を含めた、体を使って表現する事」を一人ストイックに追求してきた愛ちゃんのことだから、絵里ちゃんが今日吐露したような経験はすでに通り過ぎている事だろう。今まで一人で感じていた領域に、絵里ちゃんが入ってきた。そんな感覚だったんじゃないだろうか。極みに達しようとしている人間だけが感じる感覚を共有した瞬間だったんじゃないだろうか。(そう、愛ちゃんは若干嬉しそうだったようにも見えた)

・・・まぁ本当のところは全然わかんなくて、僕の妄想と言えばそうなんだろうけど、そんなふうに僕は感じました。MC自体は、そのままうやむやに発散してしまったんだけど、絵里ちゃんが今後どんな境地に達するのか、それは愛ちゃんのそれと近い世界なのか、それとも全然違う世界なのか、その時に僕も一緒にいれれば、客席から目撃できればいいなぁと思います。
スポンサーサイト



雨は降ってなかったけど風がゴーゴーする星で娘。を見た

娘。の春ツアーに行ってきたのですが・・・とんでもないモノを見てしまいました。やー。凄かった。凄すぎた。はっきりいって、この凄さ、どこから書いてみればいいのやら、さっぱりなんですが、凄かったなーと思うところから話してみたいと思います・・・

まずまっさきに言いたいのは、とにかくライブの流れが凄く良かったこと。すげーいい流れでした。キチガイじみた演出から始まって、唯ひたすら押し寄せてくる歌、歌、歌。ライブの構成要素を、1次産業、2次産業、3次産業てきなふうにわけてみると、1:まず曲があって、2:演出があって、3:パフォーマンスがあるのかなー、とか思うんですけれど、3のパフォーマンスについては、娘。の場合はもはやあれこれ言う次元ではないところまで来ていると思うのです。それで、1とか2とかがちょっとぐらいしょぼくても、ステージングで全てをねじ伏せるパワーが娘。にはあって、それはそれですげーなぁと思うんですけど、やっぱり1とか2とかがいいともっと楽しいわけで。んで、1はつんく先生にかかっていて、ちょっと不確定要素が大きいなー、と。とすると、2が良くなるともっともっとライブが良くなる。そして実際に良くする余地がまだまだあるのではないかと。

んで、今回はこの2の部分がすげー良かった。セットリストだけ見て、1曲ずつ考えると、しょぼーんとなる曲が(僕的には)結構あるんですけど、とにかく、踊る、踊る、踊る、踊らされる!はっきりいって、僕がさんざんうんこだと思っていたあんな曲とかあんな曲とかあんな曲でこんなに踊らされる(踊らせてもらえる)なんて思いもよらなかった!あまつさえあの曲のイントロが流れた瞬間に「カッケー!!!」なんて叫ぶとは思いもよらなかった!全体の流れやタイミングによって、曲のイメージが変わる(あるいは良い部分が見えてくる)ってのの好例だと思います。ゆったりとした曲の差し込み方とか、映像の使い方も、とにかく良かった。最初から最後まであっというまでした。

もう一つ嬉しかったことは、娘。が僕の大好きな「キチガイ集団」路線の演出をされていたこと。ただたんにこぎれいなパフォーマンスじゃなくて、うーん、ピタっとくる言葉が浮かんでこないんですけれど、貴族の酒池肉林的なパーティと言うか、真夜中のサーカス的というか、下品でも退廃的でもないんだけど、清く正しく美しくでもなく、うーん、うーん・・・(個人的にはライトもレフトもあわせたミラージュ的、ってのが一番近い感覚なんですけど(笑))まぁその、おそろしくてゾクゾクするカッコ良さ?とでも言えばいいんでしょうか。いままで好きじゃなかった曲群も、このなんとも言えない雰囲気を演出するのに一役買っていて、もしかするとここ数年の間にシングルA面に並べられた曲はこの日のライブを想定してちゃんとコンセプトを持って作られていたんじゃないかと錯覚してしまうくらいの会心の演出でした。そんでもって、本編が終わった時に、一緒に見ていたgkojaxと、今日のライブヤバいね、100点満点だね、なんて話をしていたんですけど、アンコールが始まる演出も(選曲も)またとんでもなくて、鳥肌が立って、あーもう120点!という感じでライブは終わったのでした。

なんかここまで予想のはるか上を行かれたライブは、自分の記憶だと、Berryzのにょきにょきチャンピオンくらいしかありません。あれは2006 年の春の出来事でしたから、まぁ、5年に一度レベルのとんでもライブだと言っても過言ではないと思います。

*****

とまぁ、スタッフさんががんばってくれた部分も良かったのですが、やっぱり娘。のこともちょっとだけ。みんなそれぞれ凄いところがあってどの子もこの子もスーペルだったんですけど・・・絵里ちゃん!絵里ちゃんはみんなより頭一つか二つくらい飛び抜けてカッコ良かった!前回のナインスマイルのときは、僕的には絵里ちゃんはちょっと精彩を欠いていた印象だったんですけど(僕が見た回がたまたまそうだっただけかもしれませんが・・・)、今回の絵里ちゃんは終始ぶっ飛んでました。一挙手一投足全てがカッコいい!とにかく躍動感が凄くて、あふれるエネルギーがオーバーロードして周囲の空気までバチバチ言っているような感じでした。少なくとも僕が見ていた範囲では、流れだとか雰囲気だとか手癖だとかなんとなくだとか、そういった感じで体が動いていたシーンが一度もなくて、ちょっとした仕草も含めて全ての動作に気がみなぎっていました。もちろん歌も素晴らしかった。そして何よりガツンとぶん殴られたように感じたのは、パフォーマンスのレベルが充実しきっていて、なおかつ「楽しんで楽しませる」という、僕が思う理想的なステージングが、天から舞い降りたごときこの自由自在な女の子によって体現されていたからです。まぁいろいろなゴールというか考え方があると思うんですけど、ひとつの完成系の域に達していた感がありました。もっと平たく言うと、絵里ちゃんに超高まって、もしマイクロファイバータオルが売っていたならば迷わず買って帰るレベルでした(笑)

*****

というわけで、金曜日から始まった娘。の春ツアー。やばいです。やばすぎです。今日もまだ新宿厚生年金会館でやっているみたいなので、チケットは持っていないんですが、とりあえず家を出て、なんとかもう1回見たいなーと思います!

Appendix

shimmycap

shimmycap

緑偏愛者。3度の飯より緑が好き。その次に、ビールと宇宙とファンクが好き。

そして、彼女達が好き。

*****
詳し

最近の記事

女の子たち

ブログ内検索