Entries

Rockでした!

「春は生バンド、秋はエンターテイメント」って言ったのがあたったなんてくだらないことは言わないけど(笑)、生バンドライブの「Rockですよ!」に行ってきました。やー。もうほんとに。いろいろと良かったんですけど!一番は!

ごっちんがステージの下から「ぴゅんっ!」って飛び出してきたシーンじゃないでしょうか。あれはちょうちょうかっこ良かった。男の子のような女の子のような忍者のような剣士のようなサイボーグのような白土三平のような石ノ森章太郎のようなあずみのようなまぁとにかくそんな感じのイメージ。ふわっとした軽さの中にもそこそこの質量があって躍動感があってあーもう最高だ。あれだけ見て帰ってもいい気がする。

*****

あとは、あれですよ。ミュージシャンとの絡み?残念ながらごっちんはよくわからなかったけど、メロンのみんなが良い感じに絡んでいて爆笑。特に柴ちゃんなんかはギターの人の横で、一生懸命ギターを弾くフリとかしてるんだけど、ぜんぜんさまになってないうえに、なかなかギターの人に気づいてもらえなかったり(笑)、んでもってお互い目が合って苦笑いしたり・・・。メロン面白いなぁ。4人いて、いつも全員で歌ってるわけじゃないから、こういう絡みもできるんだろうけど、それにしても良い絡みだった、というか、みんながみんな、絡み方が間違っていて最高だった。

それから、左右のお立ち台みたいなやつ?僕は幸いにも右のお立ち台の近くだったんだけど、いきなりごっちんが来てあがりまくり!それからも曲によっては(さすがに全曲ではない)入れ替わり立ち代りみんながやってきて、客を煽る煽る。煽り方も5人5色で面白かった。ゆいいつ思ったのは、せっかく客席の凄く近いところで、それこそ目が合う感じに煽ってくれてるのに、あんまりノリノリの人がいなかったことかな。ライブ中は常にテンション全開でいろとか暴れまくれなんてことは微塵も思わないけど、あんだけ煽ってくれてるんだから!そのときくらいは!もうちょっと!ノリノリに!なっても!よいんじゃ!ないで!しょう!か!やるときゃやらなきゃ男の子!

*****

ごっちんがMCで、「このステージからみんなが思うそれぞれのRockを感じてほしい」的なことを言ってた。いたって普通の、でも良い言葉である。それに続いて、ちょっと記憶があやふやなんだけど「みんなで騒ぐのもRockかもしれないし、盛り上がるのもRockかもしれないし、もしかするとゆったりした気分になるのがRockっていう人もいるかもしれない」というようなことを言っていた気がする。僕はこれに凄く驚いた。ゆったりとした気分がRockってのは自分の中ではなかなか結びつかなくて、自分の頭の固さにしょんぼりすると同時に、「Rockってのをどう解釈しても良い、私(たち)のステージをみて思ったことそのままを感じてくれればいい」ということなんだろうかと思った。さらに僕はそれをこういう風に勝手に解釈した。それは、「つきつめて言えば、Rockって言ったのは、ツアーのタイトルにRockってついてるから便宜上そういっただけで(もちろん私(たち)が思うRockを表現してるんだけど)、みんながこのステージを見て感じてくれたもの、それは『Rock』じゃなくて『宇宙』かもしれないし『興奮』かもしれないし『女の子』かもしれないし『幸せ』かもしれなくて、とにかく、同じステージを見ても、みんなには違う世界・違うステージが見えているかもしれない、それでもやっぱりみんなが今感じていることは、まぎれもなく『このステージ』から生まれたもので、見える世界は違っても、みんなとは『このステージ』で繋がってると思うんだ」ということである。これで世界は繋がった。メッシュ型ではなく、ごっちんやメロンを中心としたスター型で。

*****

という僕のキショイ願望はどうでもよくて、ライブを通してスゲーなと思ったのは村田さん。見た目もパフォーマンスも凄かった。村田さんはエルダーのライブから今の髪型(without メガネ)になってから、どうも無機質っぽいにおいがする。無機コンピュータというか無機生命体というか。美しい外観と様式美が感じさせるのか・・・。オープニングの黒い衣装も、他の4人が、あくまで「黒くてカッコいい衣装を着てるハローの女の子」的な雰囲気なのに、一人だけNYのストリートにでもいそうな(貧相な発想力!)感じがびんびんにでていた。んで、特筆すべきは、見た目は超クールなのに、動きが完全におじいちゃん(あるいはおばあちゃん、あるいはおっさん)なところ。あれはですね、たぶんなんだけど、火の鳥 宇宙編の牧村みたいに、村田さんの中におじいちゃん(あるいはおばあちゃん、あるいはおっさん)が入ってるんですよ。動きだけじゃなくて発言もおっさんくさいし。抱き枕のくだりは爆笑だった(しかし、そのあとさいとうさんの「猫ちゃんに腕枕してあげる」の話は、突っ込みやすいように(むしろ突っ込んでくれといわんばかりに)2回も言ったのに、まったくスルーしていた(笑))。

というわけで、帰りに「ムメのためならエンヤコラ隊研修生」バッチを買いました。

*****

こういう感じで、楽しいライブがもっともっとふえてくれるといいですね。もちろん、生バンドにこだわるわけじゃなくて、生バンドには生バンドの、オケにはオケの良いところがあると思う。だから、タイミングをみていろんなことをやって、積極的に楽しんじゃいたくなるような楽しいライブにまたあえるといいなと思います。
スポンサーサイト



Appendix

shimmycap

shimmycap

緑偏愛者。3度の飯より緑が好き。その次に、ビールと宇宙とファンクが好き。

そして、彼女達が好き。

*****
詳し

最近の記事

女の子たち

ブログ内検索